紐が長持ちする裏ワザ

ストラップの結び方ひとつで紐が長持ちする裏ワザ

携帯電話やスマートフォンにストラップを通す方法には、いろいろなやり方があります。
結び方がいい加減だった場合には、使用しているうちに紐が切れてしまって、高価なスマートフォンを地面に落としてしまうことも考えられます。
そこで、しっかりと固定する方法を覚えておくと役にたちます。
ストラップをスマホに結ぶときには、ひばり結びと呼ばれる方法を実践するとよいでしょう。
ひばり結びというのは、もともと大きな酒樽やガラスの瓶を天井からぶら下げるときに用いられていた方法で、その強固な固定力には定評があるのです。
紐の部分を二つに折り、その部分をスマホのストラップ用の穴に引っ掛け、端の部分をもう一度折り返すように引き抜くと完成です。
一度覚えておくと、暮らしの様々な場面でも役立ってくれるので便利な結び方なのです。
紐は細くても、捻じれに強く、引裂き強度が高い繊維で編まれているので、きちんと固定しておくと落下するリスクを減らすことができます。

旅行のおみやげで買ったストラップの紐

旅行のお土産で購入したストラップの紐はクリスタルの立方体などをつけると大変オシャレに見えます。
その代わり、耐久性があまり良くなくて動くたびにだんだんクリスタルの立方体などの重みのために紐が切れてきます。
糸のような紐よりも布のような耐久性があって簡単に切れないものをクリスタルの立方体などの飾り物につけておくともっと丈夫になって長持ちします。
せっかく、その土地限定のお土産で欲しい物を買ったのに長持ちしないようでは残念な気持ちになるので、値段が多少高くなっても良いので見ていて素敵で、かばんやスマホなどにつけていても切れない丈夫なものを大量に作って欲しいところです。
そうすれば、喜んでその土地の印象に残った記念物などをいつも見られるように飾り物がついたストラップに人気が集中するようになるでしょう。
犬や猫などの動物物のストラップも子どもたちに人気があり、それをつけてある黄色いカバンのチャックからお弁当箱を取り出せるととてもワクワクします。

recommend

ゴールドの高額査定

Last update:2016/10/11